TOPページ相続のノウハウ>[2]民法上の相続

相続のノウハウ:『「円滑な相続」のアドバイス』より

[2]民法上の相続

  • 相続の開始
  • 法廷相続分について
  • 遺言

(以下抜粋紹介)

相続の開始

一般的に相続といえば、民法上の相続すなわち「個人の死亡により、その人のもっている財産法上の権利義務(積極財産および消極財産)を、その人と身分関係をもつ親族に包括的に引き継ぐこと。」をいいます。
したがって、自然人である個人の死亡により相続が開始され、被相続人のもっている財産および債務は、配偶者および子供などの相続人全員の遺産分割協議により、各相続人に引き継がれることになります。

「相続の開始」イメージ図


ローカルメニュー


グローバルメニュー